改善にはどの程度いるのか

悩む男性 ディスチミア症候群について知りたい人のために、ここでは治療にかかる費用等の事や症状に関しての基礎知識を記述しました。大まかにディスチミア症候群に関して、多くの人が知りたい事が書かれているので、悩んでいる人の助けになるような文章です。

詳しく見る

症状が突然に悪化する病気

診察 一部の時間帯だけ心と身体の調子が悪くなるディスチミア症候群は、自分が病気だと気付かずに治療が遅れる事もあります。クリニックの情報をインターネットで確認してから、早期に予約を入れてカウンセリングを受けてください。

詳しく見る

病気とわからない

医者 新型うつ病ともいわれるディスチミア症候群は、精神疾患として病院でも専門にプログラムされているところがあります。医師やソーシャルワーカーがしっかりと病気の症状を診てくれますので、常にアドバイスに従って治療ができ安心できます。

詳しく見る

勘違いされやすい気分障害

診察 従来型のうつとは対照的に、仕事は出来ないけれど趣味は楽しめる、仕事を休職する事に罪悪感はあまりない、というタイプのうつがあります。ディスチミア症候群です。このような症状がある事を知り、病気の早期発見に繋げましょう。

詳しく見る

新しいタイプのうつ病

ハートと聴診器 新しいタイプのうつ病とも呼ばれるディスチミア症候群は若い世代に多く、周囲からはわがまま、気分屋と判断されることも少なくありません。薬での治療が難しい傾向にありますが、心理療法や生活リズムを整えることが改善に役立つとされています。

詳しく見る

他人に責任を求めるうつ病

男性

症状の特徴や治療について

年々患者数が増加していると言われているうつ病は、大きく分けて2種類に分けられます。1つがメランコリー親和型うつ病、そしてもう1つがディスチミア親和型うつ病です。ディスチミア症候群と呼ぶこともあります。前者は、最も一般的に知られているうつ病の形態で、激しい自己嫌悪や自己否定を感じ、慢性的な憂鬱感や倦怠感を感じるというのが特徴です。一方後者は、他人が悪い、責任は自分にない、という感情が強く表れるのが特徴です。気分の変調が激しく、分かりやすく言及すると自己中心的でわがままな人が多いです。医学的には、ディスチミア症候群はうつ病ではないと分類されることもあります。特に若い人に多く見られ、もともとの性格は自己愛が強くサボり癖があるような人がなりやすいと言われています。仕事の面ではやる気がなく、職場で体調が悪くなったりするのに対し、プライベートでは気分が安定し通常通り過ごせるというパターンも多く見られます。メランコリー親和型うつ病は、抗うつ剤などの服用によって症状が改善することが多いですが、ディスチミア症候群は薬が効きづらいというのも大きな特徴の1つです。

ディスチミア症候群は、環境の変化によって急に改善することも多いと言われています。例えば引越し、転勤、恋人が出来る、といったパターンです。また周囲にディスチミア症候群の人がいる場合の関わり方についてですが、基本的には突き放した言動は控え、本人の性格の根本を改善するような言動が必要です。仕事の後輩などの場合は、本人が持っている長所を伸ばせるように育成しなおすなどの対応が必望ましいとされています。メランコリー親和型うつ病と同じように、必要以上の励ましは逆効果になってしまうことがあるので、注意しましょう。場合によっては、仕事の休職などを余儀なくされることもありますが、環境が変化することで症状の改善は見込めるので、必要であれば休職も認めましょう。また、気分が変調することが多いのが特徴なので、急な気分の変調が見られたときは落ち着かせるように行動を監視するなどの対応も必要です。ストレスフルの現代、ディスチミア症候群の人は今後も増えるだろうと言われています。適切な対応をすることで、患者のケアにもつながるので覚えておくと良いでしょう。

Copyright© 2019 若い人に多く見られる新しいうつ病の種類とは All Rights Reserved.