新しいタイプのうつ病

ハートと聴診器

若い世代に多い

病気にもいろいろな種類がありますが、精神面の不調で悩む人は少なくありません。気分の落ち込みや悲壮感が強いうつ病は代表的な存在です。うつ病の特徴としては、仕事熱で責任感が強くどちらかというと中高年に多いとされています。自分を責める自責の念が強いこともこの病気の特徴です。最近は新しいタイプのうつ病が話題となっていますが、新型うつ病とも呼ばれるディスチミア症候群は若い世代に多いことが特徴的です。この病気では、仕事をしているときはうつの症状が出やすく、遊びなど楽しいことをしているときは回復することが特徴的です。自責の念には乏しく、他人を責める傾向がありますので、単にわがままな人、気分屋と判断されることも少なくありません。ディスチミア症候群は明確な診断基準がないこともあり、医療機関でも病気と判断されない場合もあります。うつ病の場合は抗うつ薬や抗不安薬の投与が良い改善につながることが多くなっていますが、ディスチミア症候群はこうした投薬での治療では効果が出にくいとされています。

従来のうつ病との見分け方も知っておきたいところですが、うつ病の場合は、食欲の低下や不眠が起こりやすい傾向にありますが、ディスチミア症候群の場合は、過食や過眠が起こる傾向にあります。さらに、手足に鉛が入ったように重く動かしにくくなるという特徴もあります。こうした症状がある場合は、ディスチミア症候群になっている可能性がありますので、心療内科や精神科などの医療機関に相談してみましょう。具体的な治療方法としては、抗うつ薬の処方や心理療法などがあります。特に心理療法は良い改善が期待されていますので、医療機関を選ぶ際もこうした治療を得意としているかどうかはよく確認しておきたいところです。そして、ディスチミア症候群は生活のリズムが乱れやすいという特徴もありますので、規則正しい生活をすることも改善につながります。周囲からは理解されない傾向にありますが、改善のためには周囲の協力も欠かすことはできません。家族など身近な人はこうした病気についての理解も深めていきましょう。

Copyright© 2019 若い人に多く見られる新しいうつ病の種類とは All Rights Reserved.