改善にはどの程度いるのか

悩む男性

この症状が引き起こすものとは何か

最近、うつ病を始めとした精神病には新型のものが次々と提唱されるようになりました。その中の1つに、ディスチミア症候群というものがあります。新しく提唱されたものになるので、治療や相談に対応している所もあまり多くなく、治療にかかる費用相場も分かりにくい傾向にあります。現在の所、ディスチミア症候群の治療には、対面でのカウンセリングと投薬治療が基本となっています。保険が適用されるので、驚くほどの高額の費用になる事は少ないですが、カウンセリング等の結果複数の薬を処方される場合もあります。そうした場合には、1回の会計が高い時には1万円程度になる事もありますので、それを相場の最大値として頭に入れておくと良いでしょう。その他、ディスチミア症候群の治療に当たってくれる精神科等の評判が知りたいという人も多いのではないでしょうか。対応してくれる精神科等は、近年徐々に増え続けており、おおむね高評価が多いようです。その理由の1つとしては、そうした新しい概念に対応出来る所は、症状に対しての理解が深く、患者の悩みに真摯に幹合っている所が多いという点が挙げられます。

近年医学界を中心にその名前が定着しつつあるディスチミア症候群ですが、基礎からこの症状の事を知りたいという人はいませんでしょうか。ディスチミア症候群とは、従来型のうつの症状が真面目過ぎて悩んでしまうという方向性とは逆の方向にあるような症状が見られます。仕事やプライベートが充実している時は何も問題ないのですが、ひとたびその状況が崩れてしまうと症状が発生してしまう事が多いようです。そうした際に、起きてしまった出来事を他人等のせいにして気分が落ち込んでしまったり、攻撃的になったりといういわゆる他罰的な症状が多く見られるのが、ディスチミア症候群の今までのうつ病の症状との大きな違いです。今までは、その人が単に自分勝手な性格である等の一言で片づけられてきましたが、精神病の治療や研究にあたる先生が、10〜30代に多く見られるうつ病の新しい形と提唱されました。新しい形であるがゆえ、現在でもより有効な治療法はないかと日々研究が進められ、増加傾向にある患者を1人でも多く救おうという流れが進んでいます。

Copyright© 2019 若い人に多く見られる新しいうつ病の種類とは All Rights Reserved.