勘違いされやすい気分障害

診察

病気について知る事が早期発見の鍵になる

多種多様に存在するうつ病の一つにディスチミア症候群があります。聞きなれないワードですが最近増加傾向にあるうつの一種です。ディスチミア症候群の特徴は一見わがままな性格に見られがちです。以前から知られていたメランコリー親和型うつとは対照的で、ディスチミアは他罰的な感情が強くでます。また、うつによって仕事を休んでも罪悪感や焦燥感が現れにくく、仕事はできないけれど趣味など楽しい事は楽しいと感じ得るのが特徴です。身体的な症状が長くでてしまい、症状が慢性化しやすいリスクがあり、治療は長引きます。医学において明確な診断基準が存在するわけではありませんが、このタイプのうつは比較的若年層に見られやすいと言われています。特に陥りやすいのは若くして働き盛りの20代後半から30代前半、いわゆるアラサーと呼ばれる世代です。ディスチミア症候群だからといってうつとは違った特別な治療を要するわけではありません。基本の治療は同じで、専門は精神科や心療内科です。先述の通り、プライベートは楽しめても仕事は休職が必要になる事が多く、休養をとりながら抗うつ剤の内服で治療を行う事になります。

腹痛や頭痛、めまいなどの身体不調を訴えてたびたび仕事を休むのに休日は楽しそうにレジャーを堪能している。こんな同僚がいたらどう思うでしょうか。良い印象を抱く事はできず、自分勝手だとかわがままだと言われてしまうかもしれません。しかし、実際にこのような事が病気の症状として存在するのです。それがうつ病の一形態であるディスチミア症候群です。従来より知られているうつ病だと仕事やレジャーに関係なく何事にも意欲がわかなくなります。仕事を休む事に対しても罪悪感があり自分を追い詰めてしまいます。このようなうつ病とはタイプが異なりますので、ディスチミアは自覚的にも他覚的にも発見が難しいのです。かかった本人としては、気分が変調しやすく精神状態では分かりにくいとしても抑うつ状態や体調不良が長引く場合は精神疾患も疑うように気を付けましょう。そして、同僚や家族がこのような症状で悩まされている時は、身近な人が気付いてあげられるように注意しましょう。何よりディスチミア症候群といううつがあるという事を皆が知る事が、病気の早期発見と完治に繋がります。

Copyright© 2019 若い人に多く見られる新しいうつ病の種類とは All Rights Reserved.