病気とわからない

医者

話を聞いてもらう

近年、日常生活の状況から精神的なプレッシャーが強くなると精神疾患になりますが、新型うつ病として注目されているのが「ディスチミア症候群」になります。現代病として医療相談でも増えている傾向があり、病院に通う際にはソーシャルワーカーといわれる精神保健福祉士がいるところが理想です。病院の取り組みとしてやはり重要となるのがカウンセリングで、しっかりとコミュニケーションがとれないことからも患者に理解を示すことが大事になります。患者にとって最善な方法を提案をしてくれますので、病気のことや障害のことから最終的には社会復帰を目指すためのプログラムを組むことができることも強みです。どのような症状になるのかというと、ディスチミア症候群は身体的な痛みも出ることから、腰痛を伴うこともありますし病院で出している薬もよく効きません。そのために病院では治療をするプログラムがなくてはいけないのと、対処療法では治すことが難しいためにカウンセリングの重要性が高い病気といえます。

新型うつ病としてディスチミア症候群が注目されているのは、厳しい社会生活の中でちょっとのことでめげてしまう人が急増しているからです。そういう背景があるからこそ精神疾患が増えていることもあり、また伝わり方が変るだけでその事象に対して考え方が正しくなることも病気を防ぐ方法だといえます。治すために専門病院ではソーシャルワーカーが話を聞いてくれますし、また病気についての理解を本人がしていないこともあります。悩みを持っている患者は、心が弱いことを周りから言われることで、弱い人というレッテルを貼られることも少なくありません。そのために自分を責めてしまう傾向がありますが、ソーシャルワーカーと話すことで病気に対して自分を責めることがなくなります。そして前向きになって血ように対する気持ちをもつことができるようになり、福祉制度なども使ってみることを考えるようにできます。もちろんディスチミア症候群から社会的な復帰に向けてですから、しっかりと治療をして元の状態に戻ることや仕事なども転職をアドバイスすることが可能です。

Copyright© 2019 若い人に多く見られる新しいうつ病の種類とは All Rights Reserved.